--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高千穂の夜神楽

2008年03月10日 20:00

昨年12月の事です。
宮崎県・高千穂に、夜神楽を見に行ってきました。
全国的にはどうなのか知りませんが、九州域ではテレビ番組でも
ドキュメンタリー番組が放送されることがある有名な行事です。
今更感はありますが、今回はそのことを書いてみたいと思います。

夜神楽の流れとしては、お昼頃から高千穂神社より神様を迎え
(お神輿などで、行列作って歩くみたいです)、迎えられた公民館や
主を務める一般のお宅で、33番まである神楽を、一晩かけて舞い踊ります。
凡そ夕方6時くらいから初めて、翌朝の10時くらいに終わるようです。

一度見たいと願っていたので行くことになったのですが、何しろ初めてで
どこでどうしたらいいのかさっぱり分かりません。まずネットで検索して
催される日付だけは調べ、とりあえずその日に行きました。

長いので、続きは追記にしました。
写真もありませんし、神楽自体のレポートとしては上手く書けませんでしたが、
興味のある方はどうぞ。
高千穂のホテルに宿を取って、フロントで神楽について尋ねたところ、
さすがに地元を上げての神事だけあって、すぐ回答がありました。
大体夕方から始まります、ということを聞き、簡単な地図なども頂きました。

最初から最後まで見届けるのは難しかったので、夕食を頂いてから、
20時前くらいにタクシーで出発。
運転手さんに「神楽をやってるところ」と告げると、すぐわかりました。

そこで2時間くらい見学したと思います。
にぎやかなお祭りというのではなく、ずっと伝統として伝わってきた
神事という雰囲気で、とても興味深かったです。
国の重要文化財だというお面をつけての舞もありました。
寒かったですが、焚き火がもりもり炊かれていました。煙が目に染みたー。
帰りのタクシーの運転手さんに聞いたのですが、高千穂も若い人が
年々減っており、夜神楽の踊り手が減ってきているそうです。
女性が、舞を舞う神域には決して入れないので、男性限定だと
なおさら厳しいかも。
とても貴重な行事だと思うので、今や時の人である東国原知事には、
ぜひこの辺の活性化も頑張って頂きたいです(`・ω・´)

そして、翌朝チェックアウトしてからも、もう一度見に行きました。
9時半くらいだったと思うのですが、ちょうど一番面白い岩戸の場面
(アマテラスが岩戸から引きずり出される)が終わったあたりでした……。
どうやら、朝5~6時くらいからが、最も有名で面白い舞が舞われる
時間のようです。そこから、観客も参加しての柴上げという行事もあり、
私も一緒になってやりました。

結局、全て終わったのが11時頃でした。

途中、煮物の振る舞いなどもあり、他所から来た私も溶け込めるような
雰囲気がとても面白かったです。今度行くときは防寒具を用意し、
頑張って一晩見学したいです。


コメント

  1. Ktaro | URL | xs9SEtpE

     お久しぶりです。しばらくお休みしていたようですが、2月上旬からはマメに更新されてたのですね。
     今日はこれから卒業式。手の焼けた子ども達も卒業です。たぶん今日も焼くような気がしますが・・・・・。

  2. サファイア | URL | GCA3nAmE

    >Ktaroさん

    こんにちは、お久しぶりです。
    長らくご無沙汰しており、申し訳ありません。
    コメント下さり、ありがとうございます。嬉しいです!

    卒業式、そんなシーズンですね~。
    手の焼けた生徒の方々が羽ばたいてゆかれ、
    すぐに新たに手の焼ける生徒たちが入学してくる訳ですね(笑
    私は生徒の立場でしか迎えたことがないですが、
    先生は本当に大変そうです……。
    式が終わったら、しばらくはごゆっくりできるのでしょうか?
    それとも準備でもっと大変だったりするのかな?
    どうかお身体にはお気をつけ下さいませ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sapphirediary.blog21.fc2.com/tb.php/738-e5ddc9e2
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。