--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔女の遺言

2007年03月22日 20:24

easel・魔女の遺言
(制作・easel 孟曹子様)

魔女の遺言
吉里吉里作品。
ばりばり乙女ゲームなので、
苦手な方はスルーして下さい。

おまけに、サイト及び基本ゲームは15禁なのでご注意下さい。
親切な事に全年齢バージョンもありますので、14歳以下の方で
やってみたい場合は、そちらをどうぞ。

イルーツク共和国には、魔女と呼ばれる女性が存在する。
偉大な魔女として有名なペリテの死後、彼女から共和国評議会に
一通の手紙が届けられた。その内容は、魔女の力を受け継いだ
孫娘を国により保護して欲しい、というもの。
その意を受けた評議会の命令により、4人の誓騎士が孫娘の元に
派遣されてくるのだが――


キャラクター造詣や文章、物語、絵が好みにぴったりでした。
主人公がさっぱりしていて好きだったし、人数もちょうど良い感じ。
台詞も甘すぎないのが良いです。
作者さんが「口説かれゲー」と仰るだけあって、攻略したいキャラに
合わせて八方美人になる必要がないのも個人的に良かったです。
今まで乙女ゲームと言えばア○ジェリークくらいしかやった事が
なかったんですが、人数多すぎてコンプリートした事がなかったり、
台詞のクサさに友達と大爆笑したり、あと、物静かなキャラに
対しては、例えば「部屋で本を読むのが好きなんですぅ」活発系には
「スポーツ好きなんですぅ」と媚びる主人公に「なんだコイツ(自分で
選択肢選んでるくせに)」と突っ込まずにはいられなかったもので。
物語も、魔女という存在が多少曖昧で、それで逆に想像が膨らんで
良かったと思います。
作者様は吉里吉里練習用に作ったと仰っていますが、絵・ストーリー・
そしてプログラムと、お1人でこれだけのゲームを作るって
すごいと思いました。しかも完成度高し。

15禁版ではラブシーンが入るのですが、18じゃなくて15というだけあって
そこまでエロくないです。少女コ○ックとかのほうが余程エロイと思います。

以前にご紹介記事を書いた悪魔シリーズで乙女ゲーに目覚め、
この作品でどっぷりはまってしまった私。
しかしこれ以降いくつかのゲームを試してみて、そんなに好みに合う
ゲームは滅多に無いという事が分かり、逆に醒めちゃいましたとさ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sapphirediary.blog21.fc2.com/tb.php/658-f3244c6e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。