--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリー・アントワネット

2007年02月01日 22:40

マリー・アントワネット
マリー・アントワネット観てきました。
音楽も展開も軽快で、歴史モノが
苦手な方でも気軽に観られるという
点ではいいのかもしれませんが……。
正直つまんなかったです。

あまり面白くない、という評価を聞いていたので大して期待せずに
行きましたが、予想以上に面白くなかったです。
アントワネットの伝記映画というより、宮廷生活の華やかさを
描いただけの映画に思えました。
その華やかさも、美しいドレスや宮殿を眺める楽しさはありますが、
そんなの2時間も眺めていれば、飽きます。
あの無駄に映る靴やお菓子が、実際にアントワネットの私品や好物を
忠実に再現したものだったりするなら、ちょっと評価を改めるかなぁ。
これが1時間程度の映画なら、視覚的に美しいだけでもまあ良いか、
と思えたかもしれません。子役と動物のかわいさには、癒されたし。

兎に角、アントワネット自身が、14歳でフランスに嫁いでから最後まで
人間的に大して変わらなくて、全然薄っぺらく感じました。
最初、嫁入り時の健気さや愛らしさはすごく好感が持てたんですが、
段々退屈になっていった気がします。
確かに彼女の苦悩が描かれる事は描かれるんですが、その苦悩が
あまりに普通すぎて「だから何?」と思ってしまう。
半分やっかみかもしれませんが、一般人が今日の糧を得るのが
精一杯という時代でもあり、彼女の悩みが彼ら以上ではないとしか
どうしても思えませんでした。半分やっかみかも。
最後は、宮廷から逃亡する場面で終わってしまうので、投獄後の
苦悩なんかも描かれません。
登場人物がみんな人形みたいで、物語の無い豪華な人形劇を
何時間も費やして観て来た気分になりました。
一体、この作品で何を言いたかったんだろう……。
何でマリー・アントワネットだったんだろう……。
その辺が私には分かりませんでした。
あ、でも、実は宮廷生活の退廃的な退屈さを観客も身をもって
思い知る、というコンセプトであるのなら、大成功だったりして。


コメント

  1. silver | URL | aF03qbSI

    おひさしぶりです♪
    やっと、時間が、取れたのと、今日は、PCが、動いてくれたので、ブログめぐりしています♪
    というか。。。うちの月子が、「くちぐせ」を、覚えたいと言い出したので、また、記事を、確認に、来させていただいたんですけど。。。^_^;
    「ゆるりは、○○という、口癖を覚えた!」って、月子が、いうもので。。。(・・;)いいな~♪とか、思って。。。

    わ~。
    もう観にいらっしゃったんですね♪(*^_^*)
    そうなんだぁ~。
    まだ、忙しくて、映画を、観にいけない状態なんですけど。。。DVDにしようかなぁ~。
    宣伝見ていたら、観たくなったんですけど。。。
    っていうか。。。一人の人生を、映画に閉じ込めるほうが、無理なような気もしますけどね~。最近、ハリウッド映画に、期待が持てないから。。。「ハリーポッタ」でも、待つことにします。(-_-;)

  2. うさこ | URL | D0uekJ5w

    なるほど。。。
    アントワネットが14歳で嫁いできた時の可憐さを、キルスティン・ダンストが表現できるの?!と思っていましたが、その辺は、クリアだったわけですね。ふーむ・・・。
    研究しつくされている感じの人物なので、新たな描き方は『とにかく豪華に』しかなかったのかな~。
    ただ、日本には宝塚があるので、「豪華なアントワネット」は見慣れてしまっていますよね。
    同じ時代を描いている「パフューム」も気になっています。

  3. サファイア | URL | GCA3nAmE

    お菓子が美味しそうでした

    >silverさん
    こんばんは、お久しぶりです。
    ええー、BlogPetって、お友達のくちぐせまで
    報告してくれるんですね。初耳です。
    うちのゆるりも、報告してくれないかな~。

    私もテレビで情報を見て気になっていたのですが、
    酷評を目にしちゃったので、期待せずに観に行きました。
    感想はあくまで私個人の感想なので、楽しめる方は楽しめる映画かも。
    silverさんの仰るように、1人の人生を映画に閉じ込める、と
    いうのは難しいのかもしれません。
    それにしても、お話としてつまんなかったので、私はダメでした。

    >うさこさん
    そう言われれば、確かに14歳には見えませんでした(^^;
    ちょっとぶりっ子っぽい気もしたけど、私は結構好きでした。
    私は「ベルばら」等は良く知らないので比較はできないのですが、
    ちょっとお話に抑揚がなさすぎた気がします。

    パフュームは知りませんでした。
    「香水」というアイテムに焦点を当てていそうなところが面白そうです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sapphirediary.blog21.fc2.com/tb.php/606-25645d64
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。