--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリニティ・アイリッシュダンスカンパニー

2006年11月13日 23:39

TRINITY Irish Dance Company


昨日、アイリッシュダンスカンパニー・トリニティ
福岡公演を観に行って来ました。


トリニティは、アメリカのシカゴに創設されたアイリッシュダンスの
カンパニーだそうです。このトリニティこそが、リバーダンスが
生まれるきっかけになったという事で、楽しみにしていました。

リバーダンスを観た時は、まずハードシューズのかっこよさに
魅了されたのですが、トリニティではソフトシューズの演技も
躍動的で、改めて面白いな、と感じました。
競技会で踊るダンスも取り入れられているようで、アイリッシュ
ダンスの技巧や伝統的な衣装をたっぷりと堪能できる内容でした。
かと思いきや、「霧」や「女神」と言った演目では、斬新な
演出で驚かせられました。霧は衣装もドライアイスの演出も
幻想的で奇妙でもあり美しかったし、女神は、ケルト神話に
因んだものかと思っていたら、どう観てもヒンズーの女神を
思わせる演出だし。
単にアイリッシュダンスの技巧だけでなく、身体全体を使った
ダンスが多かったので、肉体的に大変そうだと思いました。

リバーダンスと比べると、総合的にはリバーダンスのほうが
好きだったけど、トリニティはまた別の魅力があると思います。
特に、私はリバーダンス以外にほとんどアイリッシュダンスを
見る機会がなかったので、改めてアイリッシュダンスの魅力を
再発見させてもらえた気分です。

会場では、限定のDVDを売っていて買おうかどうか迷った挙句、
結局買いませんでした。限定という響きに非常に弱いので、
やっぱり手に入れておけば良かったと後悔しています。
それと、グッズを購入すると握手券が貰えて、首席ダンサーの
ギャレット・コールマン氏と握手ができるという企画がありました。
ちょっと惹かれたけど、人が多そうだったのでこれも断念。
パンフレットは、ダンスの解説など詳しく乗っていますので、
購入する価値アリだと思います。そして、日本でのアイリッシュ
ダンスの先駆者でいらっしゃる、林孝之氏の解説も載っています。

更にロビーでは、日本ケルト協会の方々がアイルランドの紅茶や
ジャムを販売していました。紅茶は試飲させて頂けたのですが、
紅茶というよりほうじ茶のような、馴染み深い味わいでした。
時間の都合でゆっくり会場を見られなかったので、販売物を
心ゆくまで見物できなかったのが残念です。

公式サイトで動画が観られるようなので、アイリッシュダンスが
どんなものか知りたい方は、観てみて下さい。
動画の中で小さな女の子が2人登場して踊るシーンがあって、
子供が踊るアイリッシュダンスってすごい可愛い!と思いました。

アイリッシュダンスを始め、打撃系ダンスの情報を掲載されている
Air - riverdance.orgさんの記事(いよいよ11月。トリニティが
やってくる!
)には、他の方々の感想もありますので、
興味のある方はご覧になると良いかと思います。


コメント

  1. BlogPetのゆるり | URL | -

    サファイアは、シ

    サファイアは、シーンなど売っていて買おうか
    シカゴで内容や演目などされたのですが
    ゆるりは、アイルランドで情報などを解説しなかった。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sapphirediary.blog21.fc2.com/tb.php/536-b716a8d8
この記事へのトラックバック

トリニティ アイリッシュ・ダンス・カンパニー

今日はこれからアイリッシュダンスを見に行きます!仕事が早く終わってよかった~♪感想は後ほどここに載せますね。  見てきましたよ!久しぶりのステージでした。 きっかけは『リバーダンス』でした。ずいぶん前にラスベガスで公演しているときに何かの番組で見て



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。