--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日の記憶

2006年11月11日 20:05

明日の記憶明日の記憶
渡辺謙 荻原浩 堤幸彦

東映 2006-10-21
売り上げランキング : 395
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ずっと観たかった作品です。レンタル開始を待っていたものの
大人気でなかなか借りられず、やっと観る事ができました。

予告編の映像を観て期待していた通りの出来で、良かったです。
原作は、一人称の視点で描かれているのですが、映像で客観的に
観る事によりまた違った感覚が味わえたし、原作にはない
幾つかのエピソードも効果的に場面を盛り上げていたと思います。
そして、所々で流れるオーボエの優しい音色も、雰囲気と
合っていて、心に染み入るようで良かったです。
渡辺謙さんと樋口可南子さんの演技も素晴らしかったです。

しかし、感動ものにはありがちな事ですが、お話がちょっと
綺麗すぎて、身に迫る感は薄く感じました。
これは、今の私に物忘れやアルツハイマーの恐怖が
身近なものとして感じられない事もあるかもしれません。
でもきっと、実際の介護や病気に立ち会っている方々は、もっと
生々しい現実に直面しているのではないかと思いました。

それにしても、「大切なのは外見でなく中身」とよく言いますが、
もし愛する人の、その中身が病気で変わってしまったら、
それでも愛せるのか?なかなか重い課題だと思います。
愛するきっかけが外見だろうと中身だろうと、結局
「その人自身の存在」を一番大切に出来れば良いのでしょうが。


コメント

  1. うさこ | URL | D0uekJ5w

    これ、私も観たいと思いながら、上映期間が過ぎてしまいました。
    観た知り合いから聞いたのですが、やはりキレイすぎるそうですね。
    その知り合いは定年間近の方なので、切実に真剣勝負の部分を知りたかったのだと思います。
    それで、原作も読んだけど、やっぱり足りなかったと。

    ・・・人の話じゃなくて、自分で観なくちゃ(^^;;;

  2. サファイア | URL | GCA3nAmE

    温かい物語です

    >うさこさん
    これは、病の残酷さとかよりも、人の温かさというものを伝えたくて
    描かれた作品のように思います。
    原作のほうは主人公の視点で描かれるのが興味深いし、人間の嫌な部分も
    描かれているのですが、やはり綺麗にまとまっているので
    物足りなく感じられたのでしょうね。
    割り切ってお話として観る分には面白かったです~。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sapphirediary.blog21.fc2.com/tb.php/522-655ec3fd
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。