--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガタカ

2006年10月26日 19:07

ガタカガタカ
アンドリュー・ニコル イーサン・ホーク ユマ・サーマン

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2006-07-26
売り上げランキング : 4399
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

WOWOWを録画して観賞。泣きました。良い作品です。
なのに、あまり知られていないような気がするのは、
タイトルから内容が分かりにくいからでしょうか?
かく言う私も、実際観ようと思うまで、ホラー映画「ゴシカ」と
どっちがどっちだかよく分からない事がしばしばでした。

それと、イーサン・ホークとジュード・ロウの見分けが
つかなくて、ちょっと苦労したかも(と言うか、今でも
どこでどっちが演じていたのかよく分かってないです)。
そして、ユマ・サーマンの存在感もすごいです。
遺伝子操作により完璧に近い人間が作られる、という
近未来SFの設定の中で、まさに完璧な美しさでした。
実は彼女は、持病を持っている「欠陥品」の役なのですが、
一見してそうは見えないところが、またミソだと思います。

以下、ネタばれではないのですが、読んでしまうと作品の
方向性(と結末)に検討が付いてしまう気がしたので、
追記で書きます。

正直、こういうストーリーでああいう結末になるとは予想して
いなかったので、自分の中でかなりの衝撃を受けました。
舞台は無機質なSFの世界なのですが、物語はその世界観を
借りた、人間の可能性への問いかけのドラマです。
派手な作品ではありませんが、いつまでも心に残る作品です。


コメント

  1. けろにあ | URL | tnzvu2vM

    はじめまして

    ブログペットの「映像全般を楽しもう」のTBからお邪魔しました。
    私もこの作品、大好きです。
    最初見たとき、とても衝撃を受けました。
    周りの人に薦めまくったのですが、ホラーか何かだと勘違いされてなかなか見てくれず・・・寂しい思いをしました。
    が、何年かして見た人は皆「早く見ればよかったー」と口を揃えて言います(笑)
    本当に、いつまでも心に残る作品ですよね。
    ということで、TBさせていただきますね。

  2. サファイア | URL | GCA3nAmE

    けろにあさんへ

    こんばんは、はじめまして。
    コメントとTB、ありがとうございます。

    ホラーと勘違いって、きっと皆様「ゴシカ」と勘違いされているのですね~。
    ガタカって、DNAの塩基配列、GATC(でいいんですっけ?)から
    命名されたみたいですが、カタカナだと伝わりにくいですよね。
    意外と知名度が低そうで、勿体無いです。

    ただ、あまり先入観なくヘンに期待せずに観られたのが功を奏して、
    思いがけない衝撃を受けたような気がします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sapphirediary.blog21.fc2.com/tb.php/511-fcabac36
この記事へのトラックバック

『ガタカ』(ベスト4)

せつない映画である。遺伝子工学が高度に発達した近未来、生まれながらに遺伝子操作をされているエリート人種とされていない劣等人種との差別が生じており、すべての人間がその遺伝子によって管理される社会となっていた。

ガタカ

自ら監督、脚本をこなしたアンドリュー・ニコルの長編映画デビュー作「ガタカ」。 近未来の社会を描くSFだが内容はヒューマンドラマといっても言い。 遺伝子工学の発達で、人の遺伝子までも操作できるようになった社会では、産れる前に劣性遺伝子を排除し優秀な遺伝子...



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。