--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャングムの誓い 第47話「口封じ」の感想

2006年10月01日 14:59

以前に初めて観た時って、遺書は罠だと思っていました。
で、ヨンセンが王様に遺書がある旨を告げたとき、
「うわ、余計な事してるよ」とドキドキしたものです。
更に、ラストで医局長の幽霊(違)が登場したとき、
混乱して「ん、この人誰?」って思いました。
今でこそ見分けがつきますが、ヒゲの男性って誰も彼も
同じ顔に見えるのですよ……。

そして、今回最初から通して観て初めて分かった事が。
前の感想でも触れた事がありますが、ヨンノ殺害で
クミョンが「何もそこまでしなくても」と言い、チェ女官長が
昔話を持ち出してクミョンを諌めるシーン。
これって、ミョンイを始末した後の、昔のチェ女官長と
彼女のおばのやりとりとそっくり同じなんですね。
結構強引な展開で突っ込みたくなる時もあるのに、全体的には
つくづく良く練られたシナリオだなぁ、と思いました。

そうして考えると、チェ女官長がミョンイのお墓の前で
チャングムに謝ったシーンもすごく胸に迫ります。
これもチェ一族お得意の策略の一端なのは間違いないですが、
恐らくミョンイを殺したくなかったという気持ちは本音かも。

以下、ヨンノの生死に触れているので、ネタばれになるかもと
追記にしてみました。

でも、ヨンノは可哀想。チェ女官長は、今までどこか詰めが甘くて
チャングムを確実に仕留める事が出来ずにいたのに、ヨンノだけは
きっちりばっちり始末されてしまいました。
そして、いつも知恵が回るチャングムは今回は詰めが甘い。
そうまでしたのに、チェ一族はもうお終いっぽいし……。
ヨンノに罪が無いとは思わないけど、かなり不幸な役回りだとは
思います。ヨンノの訃報に泣くヨンセンはやっぱり優しいなぁ。

以上、ヨンノももしかして生きているかも!?という期待を
抱いている方がいるやも、と思い追記にしてみたのでした。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sapphirediary.blog21.fc2.com/tb.php/471-e35d9a65
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。