--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーサイズ・ミー

2006年09月16日 00:30

スーパーサイズ・ミー 通常版スーパーサイズ・ミー 通常版
モーガン・スパーロック ドキュメンタリー映画

ビデオメーカー 2006-06-23
売り上げランキング : 9760
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アメリカの肥満問題に警鐘を鳴らすため、監督自ら体を張って
マクドナルドを3食30日間食べ続けるというドキュメンタリー。

試みが面白そうだったので録画しておいて観てみましたが、
内容はあまり面白くありませんでした。
途中、無理して食べたために嘔吐したり、アイスクリームに
毛が入っていたり等、こんなシーン必要ないんじゃ?と
思う場面がいくつかありました。
しかも車の窓から路上に吐いてたし……ビニール袋にしなさい。
そのマナーの悪さも社会問題じゃないのでしょうか。
それに、そこまでして完食しなくてもいいんじゃないのか?
更に、パンケーキにはシロップをどっぷりかけていたり、
サンデー(パフェみたいなの)を大量に食べたりと、メニューの
選び方がいまいち分からない……と思いましたが、もしかすると、
肥満問題を抱えている人が1回に摂るカロリーを再現しているのかも。
その辺の基準があまりはっきり説明されていない(と思う)ので、
想像するしかありません。

私は、ファーストフードやジャンクフードが必ずしも
嫌いではないですが、あくまでそういうものは時々食べる
嗜好品であり、毎日食べる事はあり得ないです。
でも、もし日本の外食産業に、和食屋さんとかお弁当屋さんが
無くてファーストフードだらけだったら?
アメリカの問題は、その「外食時の選択肢のなさ」な気がしました。
それと、子供の頃から給食でフライドポテトやスナック菓子ばかり
食べているのは驚きました。こんな食生活していたら、そりゃ
大人になっても「マックは美味しい」という感覚になるよなぁ。

正直、ファーストフードの害悪というより、そういうアメリカの
問題を垣間見られたのがちょっと興味深かったです。

要するに、良くないのは偏食とカロリーの摂り過ぎだと思います。
ファーストフードばかり食べたと言っても、適度な量ならば
元々健康な人がそんなに短期間で病気になったりはしないはず
(実際、30日間○○生活というのを試している人もいますし)。
後々響いてくる事はあるかもしれませんが。
ファーストフードを控えたほうが良いという意見には賛成ですが、
ちょっとこの映画はやりすぎな感があります。
でも、アメリカだと前に述べたようにそもそも食の環境自体に
問題がありそうなので、こんな馬鹿馬鹿しい事をやってまで
訴えないといけないんだろうな、と思ってしまいました。

しかし、気持ち悪いほどマックを食べていて、マックを悪者に
しているのに、観ているとマックが食べたくなるから不思議です。
何と言う逆効果なドキュメンタリー……。


コメント

  1. サイダー | URL | -

    初めまして!

    履歴からやってきました!
    この話知ってますよ!
    確か、大学入試の英語の長文であった・・・はず(笑)
    私もサファイヤさんと同様にファーストフードは時々食べるから、おいしいものであり毎日はありえないと思いますよ。
    栄養のバランスから考えても、やっぱり毎日はいけませんよねぇ。
    こう考えてみると、やっぱり和食って素晴らしいもんだなぁ~って思いますね!
    また遊びに来ます♪

  2. サファイア | URL | GCA3nAmE

    はじめまして

    サイダーさん、コメントありがとうございます。

    おぉ、入試にこんな話が出たんですね~。
    日本も、ファーストフードやインスタント食品が溢れていますから、
    気をつけないと……。
    アメリカも、色々な民族が住んでいる国なのだから、
    それぞれの国の食文化の良いところが育っていけばいいのにな、と思いました。

    こんなブログですが、よろしければまたいらっしゃって下さいねv-291

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sapphirediary.blog21.fc2.com/tb.php/440-b1a4acba
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。