--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南極物語

2006年09月12日 20:21

南極物語南極物語
デイヴ・ディジリオ フランク・マーシャル ポール・ウォーカー

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2006-08-23
売り上げランキング : 278
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

リメイク版南極物語です。
オリジナルは何となく話は知っているものの、観た事ありません。

犬を飼うならヨークシャテリアが飼いたいとずっと憧れて
いたのですが、登場するシベリアンハスキーの目が
「僕たちはちゃんと分かってるぞ」と言いたげに賢い光を
湛えていて、大型犬もいいなと思わされました。
実際、映画の主役という大変なお仕事をこなす犬なのだから、
本当に賢いのでしょう。
ただ、名前と顔が一致しなくて苦労しました。
リーダーの女の子、マヤはすぐ覚えられたのですが、他の犬は
オールド・ジャック→おじいちゃん
マーシャル→双子
デューイ→双子
ショーティ→シロ(白いので)
マックス→マイケル(えっと、この犬はマ…マ何とか…マイケル?)
と脳内で勝手に呼び変えていました。
シャドウとバックは、区別が付かない上名前も全然思い出せず
「その他のわんこ」になってしまいました……。

犬たちの演技が人間味に溢れていてすごいです。
そういうの演出を見せられると、犬たちが可愛くて仕方ないのですが、
これいかにも動物の擬人化がお得意なディズニーの仕業っぽいな、
とも感じました。

以下、ちょっとネタばれ感想です。

そして、このDVD(レンタル版)にも特典としてカットされた
シーンが収録されていました。
途中で寄る予定だった小屋の説明は、後で犬の行動やラスト付近の
イタリア基地から機材を無断拝借したシーン(私が本編を観た時、
え、勝手に他国から借りてもいいの?と思ったので)などの理解に
繋がるので、あったほうが分かりやすかったと思います。

実話を元にした物語とは言っても、ディズニーだけあって
出来る限り犬を生かす演出になっています。
ですが、実際はもっと多くの犬たちが犠牲になっているようです。
フィクションでまで犬たちが辛い目に会うのは忍びないので
そういう演出はありがたいのですが、本当は、やむを得ない事情
とは言え人間に見捨てられた犬たちは、もっともっと過酷な運命に
見舞われているのです。その現実を忘れたくはないなと思いました。




コメント

  1. BlogPetのゆるり | URL | -

    南極で
    マックス

    南極で
    マックスとか
    オリジナルとか思わされました
    ゆるりが、いい

    犬をウォーカーしなかった。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sapphirediary.blog21.fc2.com/tb.php/427-5242e6c6
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。