--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖怪大戦争

2006年08月12日 00:57

妖怪大戦争 DTSスペシャル・エディション (初回限定生産)妖怪大戦争 DTSスペシャル・エディション (初回限定生産)
三池崇史 神木隆之介 宮迫博之

角川エンタテインメント 2006-02-03
売り上げランキング : 513

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

金曜ロードショーでの放映を観賞。
大分端折られてるみたいで、場面が時々飛躍してました。

映像はCGを活用していて、敵側となる「ヨモツモノ」等は
かなり力が入っていたし、ろくろ首などもよく出来ていました。
なのに、すねこすり(小動物系のかわいい妖怪)はどう見ても
ぬいぐるみにしか見えず(しかも動きもぎこちない)、
そのあたりの手抜き加減がB級さを醸し出していました。
展開は、あまりのくだらなさに笑えました。
あまり真剣に観賞するより、B級だと割り切って見ると良いかもです。

ちょっと話は映画から逸れますが、以前、このブログで
「マヨヒガ」という、妖怪屋敷に女の子が攫われてきて脱出する、
というゲームを紹介したことがあります。その続編(?)の
「オシチヤ」ゲーム中にも「すねこすり」が出てきて、
「すねこすらせてーー!」と女の子のすねをこすりまくります
(こう書くと何かいやらしい……?)。
私はそんな妖怪が存在するのを知らなかったので、今回この映画に
すねこすりが出てきて、本当に居たんだ、とちょっと感動しました。
このように、色々な妖怪を知っている方は、映像を見て
「あ、あれは○○だ」という風に楽しめるのではないでしょうか。

それと、主人公の少年を演じる神木隆之介くんの声が、
ハウルの動く城のマルクルそのものでちょっと嬉しかったです。
同じ人なんだから当たり前かもしれないけど……。


コメント

  1. ましねおじさん | URL | -

    これは最近のリメイク版なのでしょうか?
    初めてみたのは確か子供の頃。
    日本が勝って素直に嬉しかったです。(^^)

  2. サファイア | URL | GCA3nAmE

    こんにちは。お返事遅くなって申し訳ありません。
    この映画ってリメイクだったのですね。知りませんでした!
    と、使用していた画像が昔版DVDのものだったので、差し替えました。
    amazonでちらっと見てみたところ、今回は、どうやら昔のものとは
    ストーリーが違っているみたいでした。
    ざっと見た限りでは、旧作のほうが面白そうな気がしますね。

  3. Aika | URL | gt6NS1uk

    サファイアさん、こんにちは!

    金曜ロードショーで放映された「妖怪大戦争」、私も見ましたよ♪
    元々、劇場で公開されたときから見たいと思っていた映画だったので(幻獣とか妖怪といった存在に弱いのです…/笑)、喜び勇んで見たのですが…。
    見終わって思ったこと。
    真剣に見ていた私は一体何?(苦笑)
    ま、妖怪というものは、恐れられるものではなく、本来はユーモラスなものなのだということを描きたかったのかもしれない…と思うことで自分を納得させました(笑)
    それにしても、「帝都物語」「帝都大戦」の加藤が…余りにも情けない…。
    それと、すねこすり。
    私もぬいぐるみにしか見えませんでした(T_T)
    しかも、手を入れて動かすぬいぐるみに…(^^;;

    話は変わりますが。
    珠雫ちゃんが「おさなご」になったのですね♪
    おめでとうございますーー☆
    「おさなご」は歩くときの腰の引け具合が可愛いですよね(笑)

  4. サファイア | URL | GCA3nAmE

    >Aikaさん
    こんにちは、コメントありがとうございます。
    この映画は、真剣に観ると損しますよね(笑)
    加藤って他の作品にも通じるキャラなんでしょうか?知りませんでした。
    でも、黒マントのトヨエツさんはちょっとかっこよかったです。

    珠雫のお祝いありがとうございますe-343
    確かに、恐る恐る歩いている感じがかわいいですよね!

  5. Aika | URL | gt6NS1uk

    サファイアさん、こんばんは!

    魔人、加藤保憲は、1988年公開の映画「帝都物語」、その続編で1989年公開「帝都大戦」の悪役です(^^)
    このときは、嶋田久作さんが演じていますが、かなり、いや、ものすごくインパクトのある存在でした♪
    ちなみに、同映画シリーズは小説「帝都物語」を元にしたものでして、著者は荒俣宏氏。荒俣氏は「妖怪大戦争」の制作にも携わっています。
    「妖怪大戦争」に加藤が出ると聞いて、荒俣氏が関わっているから加藤登場と相成ったのかもしれないと公開当時、思ったものでした(^^)
    以上ですが、ま、大したことではないので聞き流してくださいな(笑)

    トヨエツさんは冷酷な魔人を好演していましたね♪
    でも、最後、私は、意図せずに紛れ込んでしまった○○○と合体した姿で登場するのか?と少々期待していたのですが(笑)
    (加藤的にも映画的にも)よく分からないまま終わりを迎えてしまったような気がします(^^;;

  6. サファイア | URL | GCA3nAmE

    >Aikaさん
    こんばんは。詳しくお話下さってありがとうございます。
    なるほど、荒俣宏さんの小説の人物なんですねー。
    「妖怪大戦争」も荒俣さんが著してますし、シリーズみたいに
    なってるんでしょうか。

    そうそう、私もきっとすごいギャグな姿で出てくるんだろうと思っていました。
    もしかしてそのネタで続編を作るつもり…・・・だったりして。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sapphirediary.blog21.fc2.com/tb.php/400-1a7d9982
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。