--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファインディング・ニモ

2006年07月21日 00:20

ファインディング・ニモファインディング・ニモ
ジョン・ラセター アンドリュー・スタントン リー・アンクリッチ

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2006-06-16
売り上げランキング : 272
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アメリカのアニメーション(特にCGの)にはあまり
興味がないのですが、WOWOWで放送されていたので
一度くらい観てみようと思い、録画して観ました。

概ね想像通りのストーリーとオチでした。
ですが、これって子供じゃなくて親に向けた教訓なんですよね。
そこがちょっと予想外でした。
子供に過保護で、見せるアニメももちろん害の無いもの!
ディズニーなら問題ないわね、オホホと笑ってこの作品を
子供に見せてるような親が逆にちくりと棘を刺される、みたいな。
そのあたりディズニーもやるな~、と感じました。

そして、グラフィックはさすがに綺麗でした。
アンコウとか怪物みたいで面白かったです。
エンディングのスタッフロールも、カニがぶら下ってたり
ヒトデ(名前忘れちゃった…)が画面にくっついてたりして
ちょっと面白いです。どうせ見るなら最後まで見るべしです。

ストーリーとしては平凡で、主人公たちは海がめやペリカンとは
喋れるのに、何故鯨とは喋れないのかが謎に感じたのですが、
そもそも魚が喋る事自体がありえねーので、細かい事はこれ以上
深く考えない事にしました。

以下、ちょっとだけど結末に触れるので追記にします。


ストーリーは平凡に感じましたが、登場する魚たちが魚の癖に
表情が豊かで、特にラストシーンでニモを見送るマーリンの
表情にはぐっと来ました。


コメント

  1. かな | URL | -


    私のBlogにも、ニモが泳いでいますよー
    ここからDLしただけなんですけどね。
    http://partsmania.blog119.fc2.com/blog-entry-2.html

  2. サファイア | URL | GCA3nAmE

    今更ですが

    >2007-09-17(Mon) 15:34
    私のBlogにも、ニモが泳いでいますよー
    ここからDLしただけなんですけどね。

    というURL付きのコメントを下さった、かな様。
    お返事が遅くなって申し訳ありません。
    更に更に、どのような所か分からない場所へのリンク付きの
    コメントは現在勝手ながら削除させて頂いています。
    予め確認する技術がない私の拙さゆえ、ご容赦下さい。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sapphirediary.blog21.fc2.com/tb.php/374-5dc953f4
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。