--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ・巷説百物語 狐者異

2006年06月27日 22:24

巷説百物語 狐者異巷説百物語 狐者異
京極夏彦 石川雅也 堤幸彦

松竹 2006-01-28
売り上げランキング : 10206

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

WOWOWで再放送のドラマ、「巷説百物語 狐者異」を観ました。
原作は読んでいたものの既にタイトルだけでは内容が思い出せず、
狐者異って何だっけ?死体が狸になるやつ?
いや狸と狐は違うやろ!
と思いつつ観賞。しばらく観てやっと思い出しました。

以前、先に続編の「飛縁魔」を観てイマイチだと思ってましたが、
こちらは良かったです。やっぱり原作とは人物造詣が別物とは言え、
一個の作品としてきちんと小気味良く完成していると思いました。
先に続編で馴染んでいたため、独自の世界観に入りやすかった
というのもあるかもしれません。
一作目という事で、人物説明となる部分に30分は費やしてます。
でもそれで物語世界に入りやすくなっているし、複雑なストーリーも
多少説明っぽかったとは言え、分かり易く上手く纏められていました。
飛縁魔のほうは人物関係を端折っているので、その辺が
分り辛かったのもあるんですが、これより更に説明的な部分が
多いので、混乱してしまった感がありました。

最後のスタッフロールを見ていて、脇役で京極氏が登場しているのに
気が付きました。もしかして飛縁魔にも出ていたのでしょうか?
うーん、気が付かなかったなぁ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sapphirediary.blog21.fc2.com/tb.php/343-b5c75764
    この記事へのトラックバック

    「巷説百物語 狐者異」ドラマ 感想

    京極夏彦原作「巷説百物語」(原作感想記事)を、角川書店とWOWOWが組んでドラマ



    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。