--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水無月は水の月

2006年06月16日 22:27

早いもので、6月ももう半ばにさしかかってしまいました。

ところで、6月は陰暦の呼び名で「水無月」と言いますが、
陰暦と日にちがずれているとはいえ、何故この時期が
水の無い月と書くのだろう……?
ちょっと不思議に思ったので、調べてみました。

まず、旧暦の6月は梅雨の明ける時期にあたり、水が
無くなるので水無月と呼ばれる、と至極最もな説が
書いてあるサイトを発見。
ですが、以前から利用している「語源由来辞典」によると、
“「無」は、「の」にあたる連体助詞「な」で、「水の月」という
意味になる。”

と言う意の事が書かれていました(詳しくはこちら)。
うーん、どっちが本当だろう?と国語辞典でも調べてみたところ、
“「な」は格助詞「の」で、水の月の意。田に水を引く月の意
という陰暦六月の異名。”

と書いてありましたので、どうやら後者が国語学的には
正しいとされているようです。

しかし、ここでひとつ疑問に思った事があります。
同じ「無」のつく神無月に関して、日本中の神様が出雲に
集合して居なくなってしまうために「神無月」と言われる、
という話を何度か耳にしたことがあったからです。
6月と10月で「無」の意味が違うのも変な感じだ、という事で
神無月の事も調べてみました。
すると、上記の「言語由来辞典」によると、やはり
“「無」は水無月と同じく、「の」を意味する格助詞「な」である。”
と書かれていました。私が知っていた、神様が居なくなる月という
説は、中世の俗説らしいです(詳しくはこちら)。

なるほど、やっぱり「無」は「の」という事で良いらしい。
他にも「睦月」など色々調べてみましたが、語源がはっきり
しているものはあまりないようでした。
ネットや辞書でぱらぱらと調べただけはありますが、たまには
こういうものを追求してみると、結構楽しいです。

後日追記:他にもこんな解説を見つけました。
色々と突っ込んで調べてみると、益々面白そうです


コメント

  1. ふら | URL | X.Av9vec

    へ~。初めて知りました。無しを「の」とするとはね~v-388
    何気なく聞く言葉だけど、こうやって由来を探っていくと面白いね。

    神無月に対して神有月ってあるのね笑

  2. sapphire | URL | GCA3nAmE

    神有月の話を聞いたときは「おもしろいな~」と思ったですよ。

    しかし、紹介した言語由来辞典の検索ワード月間ランキング1位は

    「おっぱい」

    ……-(´- `*)


  3. ふら | URL | X.Av9vec

    Σ(゜ロ゜)

    こ、これは早速調べに行かなければ!!

    もちろん純粋な探究心からですよ!v-413

  4. sapphire | URL | -

    写真は載っていないので期待しないように(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sapphirediary.blog21.fc2.com/tb.php/329-24122dae
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。