--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャングムの誓い 第32話「無罪放免」の感想

2006年06月11日 22:22

少々ほろ酔い加減で見ていたので、内容がおぼろげです…。

ぼんやりと思ったのは、ウンベク様っていいなぁという事。
何か人間味があるし、チャングムの為に正しくないと思う
事は、諭して正そうとしてくれる。
試験の事を教えなかったのはちょっと可哀想でしたが、
採点に関してチャングムに言った、
「お前が決めかねていると答えたので、私も保留した」
というのは公正な態度ではないかと思います。
本来、恨みを抱いている相手を治療できるか、というような
思想的な問題は採点に上下をつけるべきものではないのでは、
とも思うのですが。
でも、ウンベク様に毅然と復讐に医術を使うことを否定される
事がなければチャングムもそれに気が付かずに、良くない方向に
向かってしまったかもしれませんしね。
しかしウンベク様、宮廷の衣装より、粗末な服を身にまとった
気のいいおじちゃん時代のほうが似合っている気がします…
(高貴なお姿が似合わない訳ではないんですが)。

あとは、都に来たチャングムが、チョンホ様のお屋敷に泊まる
ところなど、いいなぁと思いました。
女官時代だとこうはいかないですよね。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sapphirediary.blog21.fc2.com/tb.php/320-c545db51
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。