FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIMIT OF LOVE 海猿

2006年05月24日 15:55

LIMIT OF LOVE 海猿 オリジナル・サウンドトラック(初回生産限定盤)(DVD付)
今日はお休みだったので、母と
2人で映画観に行きました。
LIMIT OF LOVE 海猿です。
日本の映画にしては、頑張ってて
良かったと思います。

しかし、横で懸命に涙を堪えていたらしい母とは対照的に
私はあまり感動は出来ませんでした。
個人的には、一作目の映画「海猿」のほうが好きです。
一作目もスクリーンで観たかったなぁ。

沈没していく船のシーンなどは迫力があって良かったです。
ただ、脇役のたまたま船に乗り合わせたTVアナウンサーが
アホっぽかった。それで興醒めしました。
仙崎をはじめ海保の面々は隅々までかっこいいのに、
女性陣がどうもいまいち…。
レギュラーの環菜はともかく、救助される女性役の大塚寧々
さんの演技に、緊迫感が欠けているように感じました。
ついでに、私の近くの席に座っていた男が携帯の画面で
手元を照らしながら何か食ってたのが邪魔で苛々し、
それも気が散りました。短時間で止めてくれたのが救いです。

沈没船のパニックものというと「タイタニック」や
「ポセイドン・アドベンチャー」などがどうしても頭に
浮かんでしまうので、そういう作品群と比べてしまうと
いまいち心を打つ要素が少ないように感じてしまいます。
と言うより、海猿自体の展開がベタすぎて、もうマンネリ
だと感じてしまいました。
そう言えば水の中を潜って脱出するあたりとか、ポセイドンを
意識しているような気もしますが。

以下、ちょっとネタばれなので追記&伏字で。

映画の出来とは違うところでで残念なのが、TVでこの映画の
話題を取り扱ってたときに、
これで最後のはずだったけど、思わぬ人気で続編検討中
というのを聞いていたがために
あー、どうせ主役は生還するんだろうな
と予想が付いてしまった事です。
事前情報をシャットアウトするのはなかなか難しいけれど、
そういう些細な事で見方が変わってしまうのは無念でありました。

…まぁ、でも今まで仙崎のバディは2人ほど死んでるんで、
吉岡くんの命運は危うかったわけですが。しかしこれ以上
バディが死んだら、もう誰も彼と組みたがらないかも。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sapphirediary.blog21.fc2.com/tb.php/294-e3a80a1c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。