--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜の森の満開の斜め下で

2006年04月02日 18:33

今日は、お花見に行きました。
と言っても、桜の下で宴会する訳じゃなく、散歩しながら
見るだけの予定で。しかし、生憎の雨模様(_ー_ー)_

車で桜並木の綺麗な公園まで行ったものの、
雨脚が激しく、車の中からの見物となりました。
それでも、咲き誇った桜は十分美しかったです。
ただ、窓ガラスを通して見るのは、TV画面を通して見るのと
然程変わりが無い。と、何故かそう思ってしまいます。

20060402182411

並木の写真を撮り忘れ、
帰り道途中の桜を撮影。
雨に濡れたガラス越しなので
あまり綺麗に撮れませんでした。

うちの周辺は、ほぼ満開だけどもうちょっとかな?
という咲き具合。ですが、今、春の嵐の如く風が
吹き荒れているので、もう散ってしまうかもしれません。

満開の桜の下で、白い花をじっと見て狂気を感じたかったです。
昔の人々が皆桜の美しさに恐怖の戦慄を感じていた訳では
ないでしょうけど、坂口安吾や梶井基次郎の心境を鑑みるには、
今の時代はごちゃごちゃと余計な物に溢れ過ぎている気がします。
建物等の景色もしかり、報道等の情報もしかり。
人間と、それに纏わる喧騒・雑音もしかり。


さくら さくら やよいの空は
見わたすかぎり
かすみか雲か 匂いぞ出ずる
いざや いざや
見にゆかん

music by Reinmusik


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sapphirediary.blog21.fc2.com/tb.php/241-563c9ee1
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。