--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命を削っても

2006年02月27日 01:09

トリノオリンピック、とうとう閉会式が近づいて来ました。
遅れ馳せながら、荒川選手、金メダルおめでとうございます。
フィギュア競技でアジア人初という金メダルを勝ち取った
荒川選手の事を誇りに思います。

しかし、個人的に今回のフィギュアスケートで特に印象に残ったのは、
ロシアのスルツカヤ選手がエキシビションで見せた笑顔でした。
(ここから先は、以前スルツカヤ選手の特集TV番組で知った
情報の記憶に基づいているので、多少正確さに欠けるかもしれません)
心臓病を煩い、薬の副作用に苦しんでいると聞きましたが、
スケートを止めれば薬を飲まずに済むらしいです。
にも関わらず、競技を続けてきて、「スケートは私の人生」と
言い切る彼女。
これは、エキシビションで解説をなさっていた五十嵐氏の言葉の
一部ですが、
「フィギュアの世界は若い人が比較的すぐ頭角を表す世界なので、
長年に渡ってトップを維持し続けるには、想像を絶する努力が必要」
と仰っていました。
確かに、特にフィギュアが盛ん(だと思う)なロシアにおいて
代表を獲得し続けるだけでも大変な偉業ではないのでしょうか。
それだけの努力を重ねても、金メダルに届かなかった。
人前では涙を見せなかったけれど、裏で一人で泣いていたという彼女。
一体どんな思いをかみ締めていたのでしょう。
それでもきちんと結果を受け止めて、表では笑顔を見せる
スルツカヤ選手の姿に胸を打たれました。

でもそんな彼女を、無念なんだろうなぁなんて思うより、
人生においてそこまで打ち込めるものを持っている幸運を
とても羨ましく感じちゃうんですけどね。

ところで話は変わって余談なのですが、大会期間中
Googleのロゴがオリンピック仕様でした。
最初気が付かなかったのですが、観るたびに違うので、
どうやら毎日変わってたみたいです。
しかもその日のメイン競技を用意してたっぽい。
さすが大手、芸が細かい!とちょっと感心してしまいました。
本日の閉会式仕様も、幻想的でステキです。
見たい方はお早めに!


コメント

  1. マルコ | URL | -

    トラックバック

    はじめまして。
    スルツカヤさん、私もとっても心が打たれ
    同じことをブログに書いていたので
    トラックバックさせてもらいました。

  2. sapphire | URL | GCA3nAmE

    はじめまして

    マルコさん、はじめまして。
    コメント&トラックバックありがとうございます。
    やっぱり同じように感じた人はたくさんいるんでしょうね。
    華やかな面ばかりが目立つフィギュアの世界ですが、
    色々な面でも裏での熾烈さは、想像以上に
    厳しいんじゃないかと感じてます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sapphirediary.blog21.fc2.com/tb.php/197-9cee001f
この記事へのトラックバック

That’s life

トリノオリンピックもいよいよ閉幕。マルコの心に強く残ったのは、フィギュア銅メダルのイリーナ・スルツカヤさん。3位が決まったときのあの複雑な笑顔は忘れられません。お母さんの看病と自分の難病、それでもトップに君臨する精神力。彼女はよく 「That's life」 という言

フィギュアスケート エキシビション?

フィギュアスケート エキシビション? 21. [男子フリー 銀メダル] ステファン・ランビエール (スイス) エキシビションの中で1番観たかったランビエール選手の登場です!曲は「You Are So Beautiful」。衣裳は黒で、袖がちょっとふわっとしていて一部に青から水色.



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。