--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネバーランド

2005年09月02日 00:19

B00067HCY4ネバーランド
ジョニー・デップ マーク・フォースター ケイト・ウィンスレット

アミューズソフトエンタテインメント 2005-08-03
売り上げランキング : 186
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ネバーランド、映画を観に行きたかったのですが時間がなく、
今日やっとDVDで見ました~。
じわじわと心に染みる作品ですね。
ちょっとフォレスト・ガンプを思い起こしました。

不倫、家庭崩壊や死など重いテーマが盛りだくさん…なのですが、
幻想的な美しい映像で美しく包み込んでいます。
というより、過酷な現実が存在するからこそ、ファンタジーが存在する。
そういうことなのかもしれません。
現実に疲れた時、観てみるといいかもですね。

ピーター・パンの著者であり主人公でもあるバリが、
ネバーランドを作り出し、信じれば何でも現実になる、と言う
台詞を繰り返すのは誰よりも自分自身のためなのだと思いました。

それから、特典映像のキャスト紹介にて、アーサー・コナン・ドイル役
があるのを発見したのですが、ドイルがどこに登場してたのか
わかりませんでした。
返却するまでにもう一度観れるといいなぁ…。
帰宅後チェックし、全部通しては見られなかったけど、
確認できました。

最初のお芝居が終わった後のパーティで、バリが
「アーサー」って声をかけていますね。
あと、クリケットのシーンでバリに忠告してますね。

今読んでいる小説によりますと、コナン・ドイルは
医師でありながら死後の世界や妖精を信じていたそうです。
(真偽不明ですけど)
実は、友人バリの影響だったりするんでしょうかね~。
なんて考えるとちょっと楽しくなりました。


コメント

  1. さるお | URL | 7SMSw2C6

    バリの二面性

    さるおです。

    > 兄が亡くなった時から兄の真似をするようになり、大人になってもその癖が続いていた

    そうらしいですね。バリの人格形成のキーですね。
    バリの純粋さは本物ではないと思うけど(純粋でありたいという願望が強いんだよね)、その純粋さと、現実との向き合い方、その2面性こそバリなんだろうなぁ、と思います。そういう内面のドラマとしての作品だったら、それはそれでおもしろい映画だっただろうと思います。

    これからもよろしくね。また遊びに来るぞ。

  2. sapphire | URL | GCA3nAmE

    コメントありがとうございます!

    さるおさんと比べて稚拙な感想でお恥ずかしいですが、
    自分が感じたままに書いていこうと思っております。

    何も無いブログですが、
    良かったらお暇な時に覗きにいらしてください(^○^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sapphirediary.blog21.fc2.com/tb.php/19-bcb1b0a4
この記事へのトラックバック

映画鑑賞感想文『ネバーランド』

さるおです。 『FINDING NEVERLAND/ネバーランド』を観たよ。 監督は『MONSTER'S BALL/チョコレート』のマーク・フォースター(Marc Forster)。 出演はジェームズ・マシュー・バリ役にジョニー・デップ(Johnny Depp)、シルヴィア・ルウェリン・デイヴィズ役にケイト・ウィンス



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。