--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒲公英

2005年12月17日 09:35

もう昨日の話ですが、道端で時間潰しをしていた時に
ふと、一輪の蒲公英(たんぽぽ)を見つけました。

そのたんぽぽは、小学校の門の塀とアスファルトの丁度境目の
ほんの小さな割れ目に顔を出しています。

最近、大根がアスファルトを突き破って生えてきた!
というニュースを目にした事があるのですが、
大抵、雑草というものはアスファルトの下からでも、
小さな割れ目を突き破って生えるものだよな~、と
改めて気が付いた気分でした。
彼らは別に根性があったからそうした訳ではなく、
他に生きる術がなかったのでそうしただけでしょう。
そして、彼らの生きる環境を奪う…というか狭くしているのは
他ならぬ人間自身です。私たちの生活の為です。
そう考えると何となく、ど根性ダイコン頑張れとはやし立てている
人間の様が滑稽にも思えてきました。

でも、よく考えると本当は逆なのかもしれません。
そういう因果を分かっているからこそ、健気なダイコンや
道端のたんぽぽを見て感銘を受けるのだと思いました。
他ならぬ私達人間も、実は自らの社会や他の人間同士の
しがらみに縛られ、押さえつけられ、そのアスファルトを
突き破って自らの道を見つけなければならないのだから…。

今はアスファルトの下で芽を出せずに苦しんでいる人も、
一筋の突破口を見つけて、雑草の様に生きて欲しいと思います。

或いは、畢竟、己への啓発を込めて。
願わくは、道端の蒲公英で居られますように。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sapphirediary.blog21.fc2.com/tb.php/157-0c3dfae2
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。