--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウィングガールズ

2005年11月16日 23:08

B0006ZJAZKスウィングガールズ スタンダード・エディション
上野樹里 矢口史靖 貫地谷しほり

東宝 2005-03-25
売り上げランキング : 1,224
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

先日のTV放送を見逃したので、DVD借りて来ました。

ウォーターボーイズの展開を見事に踏襲してる…ような気が。
展開が似ているので新鮮味が薄いのがイマイチだったのですが、
ここまで似ていると鏡の裏表のようで、いっそ見事です。
ストーリーとしては、全てがありえないような事なんですが、
ここまで極端に描かれると、これまた逆にすっきりしちゃいます。

やっぱり音楽って楽しいですね。
どんどん上手くなっていくバンドを見ていくのが爽快です。
映画の設定についてほとんど知らないので、
どのくらいの期間をかけたのか、
BGMが本当に出演者の演奏なのか、もしそうなら
元々どの程度楽器が出来た子が演じているのか
という点がはっきり分からないのですが、ごく普通の高校生が
ここまで楽器を吹きこなすには、映画で描かれているように
ノリと雰囲気ではさらっと出来ません。
裏でどのくらい練習して頑張ってるか分かるので、その辺を考えると
ホロリとしてしまいます。
竹中直人さん演じる先生の努力も、何だか微笑ましいです。

あと、部活ならともかく、普通に楽器をやろう!と思ったときに
楽器のお値段と、練習場所は問題になるとこでもあるので、
その辺結構シビアに描いてるんじゃないかと思いました。
(これまた軽いノリで乗り越えちゃってますが。)
実際、私が大人になってから楽器をやろうと思ったときに、
フルートを選んだのは、好きだったからというのが一番ですけど
値段と音とサイズがかなりの決め手だったので…。
ペットは、新品でも案外安いのがあるはずですが、
サックス、高いんですよねぇ。トロンボーンはよく知りませんが、
もっと高そう。ドラムは…以下同文。

映画の中にこういう台詞が出てきます。
「人間には2つの種類がある。スウィングする者としない者だ」

私も、スウィングする人生を選択できたらいいな、と思いました。
(何か既に、良くない意味でスウィングしてるような気がしますが…)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sapphirediary.blog21.fc2.com/tb.php/125-6c336fcb
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。