--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北の零年

2005年08月28日 02:20

B000929WJO北の零年 通常版
吉永小百合 行定勲 豊川悦司

東映 2005-07-21
売り上げランキング : 625
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

母が、以前から観たがっていた「北の零年」を借りてきたので
一緒に観てみました。

前に行った映画館の予告編で、「ジュピター」をBGMに流れているのを
観てたのですが、概ねそのイメージ通りです。
しんみりして、ちょっと涙が出そうになりました。
普通に感動出来る作品だと思います。

ただ、原作を読んでいる人だとちょっとショボイという感想も見かけました。
やっぱり原作本を読んだ後だと映画は物足りないのかもしれません。
私は、本は読んだことがない(原作の題名さえ知らない)のですが、
映画としてもきちんとストーリーが通った一本の作品に仕上がっていて
良いと思いました。
特に、最近、原作読んでないと話の筋が何がなにやらさっぱりな映画を
観たばかりなので…(某姑○鳥の夏です)。

渡辺謙さんがちょっと情けない男の役を演じているのですが、
それでもかっこいい。
図らずも裏切り者になってしまった男の悲哀を、上手く演じていると
思います。ヘタするとほんとにただの情けない男になっちゃいますからね。
裏の心情まで感じさせるのはさすがだと思いました。
(実はそんな意図はなくてただの深読みだったりするかも?)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sapphirediary.blog21.fc2.com/tb.php/11-fa9a8e9c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。