--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャングムの誓い 第26話「罠(わな)」の感想

2006年04月30日 01:14

1話分感想を書いたら引っ込みがつかなくなって毎週書いてるけど、
あと28話分も続けるのか…!?
と思ったらちょっと気が遠くなりました。
勝手に書いてるだけだし、半端だからやめられないと思うものの
書き始めたのが途中からだからどうせ中途半端なんですが。

今週は、迸るクミョンの想いに圧倒されました。
一族の敵であるチョンホ様を、命がけでも守ろうとして…。

あと、チャングムを助けようとするトックおじさん。
時々斜めに突っ走ってて(今回もか?)苛々するけど、
いい人ですねぇ。
でも今回一番可哀想に感じたのは、巻き込まれたアヒル売りの
おじさん。誰にも助けて貰えなさそう…。

ところで私、チェ・パンスルの屋敷に居る時のクミョンと
チェ尚宮の衣装がキラキラしてて結構好きです。
あの屋敷も、趣のある家具がスッキリ配置されてて、
屋敷も広くて快適そう。住んでみたい、と観るたびに思います。
いいなぁ、チェ一族。
スポンサーサイト

やりたい時に限って

2006年04月28日 21:07

あぁ無情

orz

結局、2,3回しかプレイできませんでした。
しかもほとんど放置露店しかしてないし。
勿体無いなぁ。

ターミナル

2006年04月27日 19:00

ターミナル DTSスペシャル・エディションターミナル DTSスペシャル・エディション
トム・ハンクス スティーブン・スピルバーグ キャサリン・ゼタ=ジョーンズ

角川エンタテインメント 2005-04-28
売り上げランキング : 2,228
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

以前映画館で観た映画。WOWOWで放送されていたので
録画してもう一度観てみました。

1度観た時はまぁまぁ面白い映画、程度の感想だったんですが、
2度目だと俳優さんの細かい表情だとか心情だとかがより
分かってきて、すごく魅力的な作品だと思いました。
最初からほぼ最後まで空港でのシーンですので、抑揚が無く
一歩間違えば退屈なストーリーなんですが、これはアクション
じゃなくて感情と表情で演出している映画なんだと思います。
その静かな波動がどこまで見る人の心に届くかで、評価が
変わってくる作品かもしれません。
いずれにしろ、人生の束の間の妙を楽しむ感じであり、そんなに
大きな感動や涙を呼び起こす類の映画じゃないと思います。

先に述べたように、俳優の演技は魅力的です。
トム・ハンクスもですが、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ
って良い女優さんだなぁと思いました。歌って踊れるし、
美人だし、役によって違う表情を見せられる演技力も
あるんだな、と思いました。

ドラマ・巷説百物語 (BlogPet)

2006年04月26日 11:08

きょうは、期待したよ♪
ただsapphireとしっくりするはずだったの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ゆるり」が書きました。

フジ子・ヘミング ピアノリサイタル

2006年04月25日 23:54

今日、フジ子・ヘミングさんのピアノリサイタルを聴きに
行って来ました。
事前から予定していた訳ではなく、お昼の部が追加公演と
いう事でチケットがまだ余っている様子だったので、もし
休みが取れたら当日券で行ってみようと思っていたのです。
そして運良く、思惑通りに行くことが出来ました。

やっぱり生で聴くと、ホールの音響による「響き」まで
感じる事が出来て、すごく素敵です。
曲目は、知っていたものでショパンのノクターンop9-2、遺作
ワルツ第1番変ホ長調、別れの曲、
リストのパガニーニ、ラ・カンパネラなど。
それから、アンコールはドビュッシーの月の光と
モーツァルトのトルコ行進曲でした。
特にトルコ行進曲は馴染みが深く、色々な人の演奏を
耳にする機会があるのもで、フジ子さんの「色」を
より明確に感じる事ができたと思います。
ショパンのノクターンでは、一番じゃないけど好きな部類の
曲が聴けたのも嬉しかったです。

演奏は、あまりピアノに造詣が深くないので上手く言えない
のですが、しっかり地面を踏みしめて歩くような感じでした
(繊細じゃなくて、でも力強いと言うのはちょっと違う…
あぁ、上手い言葉が出てきません orz)。

私は、ドビュッシーの曲って何かごちゃごちゃしててあまり
好きじゃないと思っていたのですが、「月の光」を聴いて
出だしのメロディのあまりの美しさに、ちょっと目頭が
熱くなりました。

十戒

2006年04月24日 01:30

十戒十戒
チャールトン・ヘストン セシル・B・デミル ユル・ブリンナー

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2004-02-20
売り上げランキング : 11,855
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

TV付けたら放映(スカパーかな?)されてて、最後まで
観ちゃいました。
古い映画だから以前にも観た事はあるし、長いんだけど、
観始めると何となく目が離せなくなりますね。

CGが今ほど巧みじゃない時代なのに、海が割れる
シーンとか、すごく迫力があります。
それにチャールトン・ヘストンやユル・ブリンナーの
肉体美も魅力的。

宗教の歴史には疎いし、軽薄な考えかもしれませんが、
昔から旧約聖書ってひとつの物語としてすごく面白い、
という認識を持っていました。
この映画も、何も知らずに観ても面白いし楽しめる、と
いうところがひとつの魅力です。聖書のひとつの解釈を
物語として映像化したもので、あくまで宗教を描いた映画
では無いと思うので。

チャングムの誓い 第25話「母の敵(かたき)」の感想

2006年04月23日 02:05

宮廷女官 チャングムの誓い VOL.9
追い詰められていく悪の
(と敢えて言ってみる)チェ尚宮陣営。
喜び合う正義の味方、
ハン最高尚宮さまとチャングム。
束の間の平和。いいなぁ。
はぁぁ~(溜め息)。

そしてヨンノが可愛かったです。まぁ自業自得なんで同情は
感じないけど。そして、そんなヨンノを気遣うヨンセンは
更に更に可愛かった!
ハン最高尚宮さまがチェ尚宮一味に妥協無くなったのは
ひとえにチャングムの身を案じての事なのですね。
彼女にとって、チャングムは本当に娘同然なんだなと思いました。

冒頭で2人が涙するシーンを見て思い出したのですが、
チャングムって「これは私の親友の包丁よ」とか言って
ハン最高尚宮さまから包丁貰ってるんですよね。
母親とハン尚宮さまは同年代なんだろうし、
チャングムは母の親友を探していた訳だし、
あれだけ聡明な子がふつう、その時点でちょっとでも
もしかしたら…とは思わないのか?
でも気付かないのはドラマの都合ではあるけど、実際でも
案外そんなものなのかもですね。

そして、とうとうアヒルが出てきました。うわー。
一応後半見ちゃってるんだけど、このあたりの展開は
全然知りません。でも、アヒルがどういう意味を持つか
というのは漠然と分かります。

しかし、アヒル料理とても美味しそうでした。食べたい。
北京ダック~、じゃないけど、美味しそう…。食べたい!
売られていくアヒルを見た時は、ちょっと哀れと思ったのに。
番組の最後に、チャングム展が東京日本橋の三越で開催される
とお知らせがありましたが、もし展示会にアヒル料理が頂ける
店があったなら、東京まで飛んで行きそうな勢いです。

小腹が空く夜間にこんなドラマを放映するとは…
さては深夜営業の食料店の回し者かっ、NHKめ!!

テンプレート衣替え

2006年04月22日 22:42

今までこれから

桜の季節、約1ヶ月お世話になったテンプレートですが、
そろそろ新しいのをお借りしてみました。
み104c様(ブログ・mi104c text)製作の、[usa_ver1_blue]です。
同じデザインの色違いもあるので、時々変えるかも。

気分屋で移り気なのでまた変更するかもしれませんが…
しばらくはうさぎ様を愛でる事にします。

ドラマ・巷説百物語

2006年04月22日 02:56

wowowで放送されていた「巷説百物語・飛縁魔」を観ました。
先にドラマ化された「狐者異」は観ていなくて、冒頭テロップで
監督が堤幸彦さんと知った時点で嫌な予感はしていたのですが…

あくまで私の感想ですが、最初の15分くらいは原作とのあまりの
雰囲気の違いに呆然とし、それから「あぁ、これは別物なんだな」と
納得してからは堤節とでも言うべきコミカルさを楽しめたと思います。
よくこんなアホな事を思いつくなぁ、と(笑)
しかし、よく映像と原作は別物と言いますが、原作の持つシリアスな
人情ものの雰囲気だけは期待していたので、ここまで登場人物の
性格や、原作の持つ雰囲気を150度くらいひっくり返したドラマは
何だかなぁ…と思ってしまいました。
150度というところがまた曲者で、又市なんて挙動からして全然違う
のに、百介役の吹越満さんは容姿が何となく似合っていたし、
おぎん役の小池栄子さんもしっくりしてて良かったです。
また、脇役で岡本麗さんが出てたんですが、小難しいせりふでも
とても聞きやすく、「いい女優さんなんだろうな~」と感心して
しまいました。
原作を映像化したというより、原作の人物とストーリーをを借りて、
堤さんが別の作品を作り上げたという感じです。
堤さんのドラマが好きな方なら、別物として楽しめると思います
(私も堤さんのドラマは好きですし)。

ただひとつだけ、コミカルなユーモアがお好きでない方が
ドラマのみ観て「原作もこういう感じなのか」と思って原作を
敬遠してしまったら、それだけはちょっと忍びないです。

読みたい本

2006年04月21日 23:49

容疑者Xの献身先日、BS2の「週刊ブックレビュー」という番組を見ていると、
お勧め本のコーナーで東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」が
紹介されていました。出演者の江上剛さんのお勧めでしたが、
話の途中で「白夜行」の話題も出てきて、「そっちのほうが
面白いかな…」なんて言いながら、容疑者Xをお勧めする彼。
これが直木賞効果ってヤツですか!?

もともと関心を持っていたところ更に興味を惹かれたので、
読んでみたくなりました。
うちは収納の関係でハードカバー購入は厳しいので、図書館で
借りたいです。人気本は待っててもなかなかお目にかかれないし、
思い切って予約してみようかな。

それから、今いちばん読みたいのが京極夏彦さんの「後巷説百物語」
と恩田陸さんの「夜のピクニック」。この2つもハードカバーなので
図書館でお借りしたいです。
後巷説百物語夜のピクニック
…何気に、後巷説も直木賞受賞作なんですね。
続巷説のラストで既にうるうるしてしまったので、
これ最後まで読んだら泣いちゃうかもしれない!と期待してます。

本屋さんでも図書館でも、私が本を選ぶときはいつも、
何気なく書棚の間をうろうろして、何気なく手にとって、
「よし。こいつだ!こいつを読むんだ!」と一目ぼれの
ような運命の出会いのような瞬間が訪れるのを楽しみに
していたりします。
なので、小説を予約してまで読むのは実は初めて。
でも、文庫化を待ってたら何年もかかりますしね~。

昔は図書館で借りてばかりだったんですが、大人になって
ふと気が付くと、自分の所蔵本が殆ど無い事に愕然としました。
それから、徐々に本を買って読むようになりました。
また最近は、作家さんはこれで生計を立てているのだから
気に入ってるんだったら彼らへの賞賛の意味としても
新刊を購入しよう、という意識が芽生えてきたりしてます。
特に、生活苦しそうな作家さんとかなら尚更…(誰だろ、それ)。

以下、「週刊ブックレビュー」のお話です。
ゲストで赤川次郎さんが出演されていましたので、ちょっと感想を。
[ 続きを読む ]

ラ・ルーナ/サラ・ブライトマン

2006年04月20日 23:04

ラ・ルーナラ・ルーナ
サラ・ブライトマン アンナ(作詞) レナ・ストラセ

東芝EMI 2000-09-06
売り上げランキング : 1,766

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

たまには、お気に入りCDのご紹介でも。

多分一般の人より、偏屈で狭い私の音楽の趣味。
だけど、そう人と違う路線を直走っている訳でも無い…と思う。

サラ・ブライトマンの「ラ・ルーナ」です。
今手持ちの彼女のCDでは一番お気に入り。
中でも、"Hijo de la Luna(月の息子)"という曲がかなり好きで、
この曲ばっかり聴いてます。
歌詞はスペイン語でジプシーの伝説を歌っていて、
一人の女が月に魔法を賭け「愛しい男と結ばれますように」と
願ったところ、月は女に「その見返りに、彼との最初の子供を
私に譲って欲しい」と答える……という残酷で幻想的な内容。
ただ、CDに付いてる翻訳文が、全文通すと微妙に意味が分からなくて
一人悩んでいるのですが。
輸入盤"La Luna"なら、amazonで視聴出来るので、もし興味を
惹かれた方がいらっしゃたらぜひ聴いてみて下さい。
(音、あまり良くないですが…)

あと、有名どころでは"Scarborough Fair(スカボロー・フェア)"や
"Moon River(ムーン・リバー)"、それに豊川悦司が主演したドラマ
「青春の門」の主題歌にも使われた"A Whinter Shade Of Pale
(青い影)"等も収録されています。
全体的に、物静かで幻想的な曲が多いので、お休み前の寛ぎ時に
聴くと良いのではないでしょうか。

とか言いつつ、私は母の車の中で一番良く聴いています!
(サラのCDは、買うとすぐ母が自分の車に連れ去って行くとです…)

「ラ・ルーナ」ライヴ・イン・コンサート
ちなみに、同名のライヴコンサート
DVDもあります。こちらもおススメ。
「オペラ座の怪人」の"ミュージック・
オブ・ザ・ナイト"などCDには無い曲目も
歌われています。

ちなみに私は、DVDプレイヤーを持っていない時期に、
これをCDと間違えて最初に買いました!
(だってCDと混ざって陳列してるんだもの…)
CDとそっくりでしょ、コレ。

エイリアンVS.プレデター (BlogPet)

2006年04月19日 11:02

sapphireは
ちゅ駄目りっぷ駄目!」と喜んでいるのを耳にして、「ふふ、いいだろう」と思いつつ、ひとりほくそ笑んでおりました。
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ゆるり」が書きました。

咲いた咲いた

2006年04月17日 22:40

ちうりぷ桜はそろそろ黄緑の葉っぱが
多くなりましたが、今、うちの庭には
チューリップが咲き誇ってます。

咲き誇ると言ってもてけとーに植えているだけなので
そんなに綺麗に整列してる訳でもなく、
もりもり元気に咲いてるだけなんですが。

今日、近所の子供が、
「ママ、見て。ちゅーりっぷー!」
と喜んでいるのを耳にして、
「ふふ、いいだろう」
と思いつつ、ひとりほくそ笑んでおりました。

チャングムの誓い 第24話「危機迫る」の感想

2006年04月16日 01:34

楽しみにしてたのに、先週の23話は見逃してしまいました…。

で、今週の感想。

チャングムとハン最高尚宮さまの、ミョンイとの関係。
やっと、やっと気が付いたか!
随分と引っ張ったものです。
チェ尚宮側も、ほぼ同時に気が付くところが出来すぎですけどね。

それに、あずまやの下に埋めた手紙はいとも簡単に発見されるのに
黒酢の存在が気が付かれないのも不思議です。
ヨンノのスパイの腕は、良いのか悪いのか…。
ちなみに、私この手紙に何が書いてあるのか忘れてしまいました。
クミョンもチェ尚宮さまも、見た途端ぶるぶる震えちゃって…
何だったんだろ。

私、前半の何話かを地上波で見る→BSで後半を見る
→地上波で中盤(現在放映中の)を見る
というヘンな順序で見ているので、最初はチャングムとは
仲良しで好敵手だったクミョンが、何であんなに悪の道を
突き進むようになったのか、少々謎だったのですが。
概ね、恋の恨みなんですね。哀しいけど、怖い…。
でも、一族の悪事に加担するか良心に従うかで苦悩した挙句、
結局一族にしか居場所がなかった、という気持ちは痛いほど
分かります。彼女がそう語ったとき、ハッとしました。

ところで、NHKのホームページの情報によると、クミョンて
最初は王様の側室になる予定だったんだとか。
その展開も面白そうなので、見てみたかったなぁと思いました。

スパイダーマン 2

2006年04月15日 20:14

スパイダーマンTM 2スパイダーマンTM 2
トビー・マグワイア サム・ライミ キルスティン・ダンスト

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2005-09-28
売り上げランキング : 665
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ずいぶん前にDVDに録画してたのを、やっと観ました。
アメリカンヒーローものといえばこんな感じかな、という
想像そのままな感じで、気軽に楽しめました。
主人公がヒーローゆえの孤高に苦しむ姿も描かれています。

しかし、1を何となくしか見てないのでストーリーが完全に
把握しきれていません。これって、超人的な力を授かった
主人公が、タイツに着替えてる…のか?
一度はヒーローやめる!という覚悟でタイツを捨てるのに
また律儀に拾いに来るあたりが、主人公の切迫した経済状況を
表していて、涙がちょちょぎれます。
それに、冒頭でピザ配達のアルバイトが間に合わない!と
わざわざ変身してピザ配達してみたり、力を失いかけて
クモの糸が生産できず、エレベーターでビルを降りる姿とか、
さりげないユーモアも面白かったです。

Webゲーム紹介・China-Grow

2006年04月14日 20:40

China-GrowまたしてもGROW系ゲームのご紹介を。
今度は中国のゲームみたいです。
その名もChina-Grow
(音声・ポップアップ注意)
可愛い少年を、おじさんに育て上げます。

これ、ダメです。どうしても、どーしても出来ません orz
あと1つ以外はMAXまで行くのに、行き詰まります。
自力で頑張りたいので、クリアしたら後日情報を追加します。

2006/4/16追記:できました~!
どうも、早くクリックし過ぎると駄目だったみたいです。
きちんとアイテムがレベルアップしたのを見届けてから
クリックしたら、ちゃんと出来ました。
私の今までの苦悩は一体……。

しかしこれ、ゲーム内容よりBGMが印象的すぎて
頭の中でグルグル回りますね。
はむさんど!はむさんど!おうさまこうほ!
おんせんは!おんせんは!わぎりにすんの!
はむさんど!はむさんど!おうさまぬーど!
たとえかんりにんいやしんぼ!
(無理矢理なMy空耳)


以下、クリア画像と手順を載せますのでご注意下さい。
(手順は反転させないと見えないようにしています)
[ 続きを読む ]

マープルのおねだり

2006年04月13日 22:26

久々にブログペット特集です。

おねだり
あげません。
と言うか、売り上げなぞありません。

そんな事言われても
期待しても無駄です。

しつこい
何じゃそりゃー。

共感
Σ
キミまで同調するのか…

何かカワイイ
可愛く言っても無駄ですよ!

エイリアンVS.プレデター

2006年04月12日 20:46

エイリアンVS.プレデターエイリアンVS.プレデター
サナ・レイサン ポール・W・S・アンダーソン ランス・ヘンリクセン

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2005-08-19
売り上げランキング : 688
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

何というか、
「ターミネーターVSランボー」とか
「名探偵コナンVS金田一少年」とか…
そういう組み合わせって興味を惹かれませんか?
私は興味を惹かれます。
それでこの作品も、観る前はわくわくしていたのに…
ちょっと期待はずれでした。
せっかくトンデモ対決なんだから、お互いの恐ろしい
能力を駆使して派手に戦って欲しかったなぁ。

ただ私は、エイリアンシリーズを2くらいまでしか
観てないので、マニアな方なら楽しめる要素が
あるのかもしれません。

そう言えば、子供のときに読んだ「ルパン対ホームズ」も、
期待ほど面白くなくいなと思った記憶が…。
こっちも、ルパンシリーズを知らずに読んだからかな?

異世界対決って、どちらのキャラクターにも通じてなければ
十分に楽しめないのかもしれません。

続・リヴリー晩春模様 (BlogPet)

2006年04月12日 11:48

今sapphireが、可愛い新種や、ヒトデとか宝くじと、広い原っぱなどを解決しましたが、ネットで羨ましいけど、私には似合わない…
うぅん
ところでLivly放浪中に、下記のようなものがついたヒトデのような可愛い謎の生き物を発見しましたが、ネットで羨ましいけど、私には縁がなさそう
ちなみになるちょ別館さんのアイテム表を解決しましたところ、どうやら宝くじと、広い原っぱなどを解決したかった
と、ゆるりが考えたの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ゆるり」が書きました。

ポーション1個獲得…したいな

2006年04月11日 23:19

先日、silverさんのブログSilver moon diaryの記事
拝読して、ファイナルファンタジーのポーションが
限定発売されているという事を知りました。
往年のゲームファンとしては一度は飲んでみたいと思い、
それ以来ずっと探してます。
しかし、近所のコンビニで売り場のみ(POPだけあった)
見つけたものの、商品は売り切れ。
以来、ずっと見かけていません。
もう売ってないかなぁ…特にこんな田舎では…。

と、しょげ返っていた今日この頃、こんなページを発見しました。

ポーションをおいしく飲もう企画

やばいですよ、コレ。爆笑してしまいました。
いやしかし、これを読んで益々飲んでみたくなってきました。
もう無理かもしれませんが、ぼちぼち探してみたいと思います。
…しかし、ファンデーションの味って一体。
ダメージ受けて戦闘不能にならぬよう、身体を鍛えておこう。

続・リヴリー晩春模様

2006年04月10日 23:11

いまいち
とりあえず、4月の島は
買わない決意をしましたが、
ポンペン草の原っぱという
背景アイテムを買っちゃいました。
でも、今の島には似合わない…うぅん。



ところでLivly放浪中に、下記のような可愛い謎の生き物を発見しました。
うさぎ?
一瞬、うさぎかと思いきや、

と思いきや、謎の生物何か違う。
タツノオトシゴ!?

新種のリヴでもないみたいし、何だろう?と
ずっと疑問に思ってたのですが、疑問解決しました。
著作権のプレートをお借りしているTSK@なるちょ別館さんの
アイテム表を拝見したところ、どうやら宝くじの1等商品らしいです。
その名もモチダルマ。どんな生き物だ!
へぇぇ。羨ましいけど、私には縁がなさそう。
ちなみになるちょ別館さんの島には、バナナピールという
バナナの皮に目がついたヒトデのようなものがくるくる舞ってました。
これも宝くじの1等賞らしいです。


Livly Islandホームページ http://www.livly.com/
livly copyright
(素材提供 TSK@なるちょ別館

リヴリー晩春模様

2006年04月10日 00:24

ここ2,3日の間、PC触ってない日があったりしてLivlyの
世話をあまりしてませんでした。
生きてますように…と祈りつつ見に行ったところ、どうやら家出中。
すぐ呼び戻して、ご飯をあげました。
そしてニュース欄で、4月の限定アイランドとアイテム発売と
いうのを目にしまして、早速見に行きました。
春の野これが限定島。
春の野という名前です。
シンプルだけど、野の花が
可愛くていい感じ。

お値段は1,100doodoo。そんなに高価な島ではないけれど、
手持ち金額を考えるとあまり無駄遣い出来ない状況なので、
とりあえず購入は控えました。
アイテムも可愛かったです。こちらは、チューリップの植え込み
というのを購入しました。
結局、4月のアイテムはチューリップのみGetです。
古い島とアイテムを使って、模様替えしてみました。
緑萌える島
スクリーンショットを見て、
黄色い蝶々が邪魔かも…
なんて思いました。
相変わらずセンスないなぁ。
でもとりあえずコレで。

しかし、5月末まで有料会員には2,000doodooがプレゼントして
もらえるのですよね。でも月毎の限定アイテムを購入すると、
ほぼ2,000doodooちょっとかかるんですけどね。
思い切って島も買っちゃうかどうか、もうちょっと悩みマス。


Livly Islandホームページ http://www.livly.com/
livly copyright
(素材提供 TSK@なるちょ別館

パリを愛した画家たち展

2006年04月09日 18:15

近くの町の美術館で開催されている
「パリを愛した画家たち展」という美術展を観に行きました。

絵って良いですね。あまり見慣れている訳でもないし、
専門的な知識も皆無で、絵が理解できるとは言い難いですが、
それでも見ていると必ずフィーリングの合う絵が何枚かは
あるもので、思わずじっと見とれてしまいます。

一枚特に印象に残った作品があるのですが、作者も題名も
既に忘れてしまいました…。
どこかの建物の風景画で、厚く塗られた油絵の具が、見事に
石壁の建物を表現していて、また、近づいてみると無造作に
塗られたように見える点の集合体が、少し距離を置いてみると
これまた見事に群集のざわめきという形を持って見えてくるのです。
近づいたり離れたりして面白がって見ていました。

売店では絵葉書も売られていて、たまにはお気に入りの
絵葉書を購入したりもするのですが、こればかりは実物じゃないと
楽しくないなぁ、なんて思ったりしました。
キスリングのミモザという作品などは、はひと目見ただけでも
とても綺麗で、絵葉書にすると色調などが違うけども、複製でも
絵になる作品だな、と思います。

それから、お天気がいい日に出かけたので、美術館まわりの
陽光に包まれた木陰や建物がとても綺麗で、気持ち良かったです。
桜も、先週末から続く豪雨にも負けず、まだ完全に散ってはいません。
緑の葉がまだ見えず頑張っている木もあります。
シートを持ってきて、草むらに座り込んで読書でも出来たら
最高だな、と思いました。
ただ、日差しの中に長居するには日焼けが心配で、実行できません。
かと言って日陰に潜り込むには、まだ少々肌寒い今日この頃です。

Webゲーム紹介・El Complo

2006年04月06日 19:30

El Compl
GROWシリーズと同系の
パズルゲーム見つけました。
El Comploです。
これも、可愛くて面白かったです!
ちなみに、この画像の配置は
適当ですので、参考になりません。

結構戸惑ったんですが、発展の反応が早めなので
休憩を挟んで、1時間くらいでクリアできました(…遅い?)。
GROWシリーズのVer.3やCUBEに比べると簡単かな、と思います。

以下、クリア画像と手順を載せていますので、ご注意下さい。
(手順は、反転させないと見えないようにしています)
[ 続きを読む ]

眠ったふり (BlogPet)

2006年04月05日 11:16

本日広い様子とか、重いかもイベントをアップしなかった、ハーボットのエイプリルフール(?)
イベントのジャスミン君と、私の別ブログに住む夢見くんで
だって♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ゆるり」が書きました。

黒すぐり味が絶妙

2006年04月04日 23:08

ショパン第11番
ショパンシリーズ最新作
cho-pan(ショパン)/第11番
黒すぐりとダークショコラ
(ココアクレープ添え)です。

これ、黒すぐりの味がして、とても美味しい!
第7番も好きでしたけど、これもかなり好きです。
さすが、ショパンシリーズ。

いつもは、コーヒーを飲みながらお菓子を摘むのですが、
このチョコには紅茶のほうが合うかな?と思いました。


明治製菓・ショパンのHP
http://open.meiji.co.jp/sweets/chocolate/chopan/

桜の森の満開の斜め下で

2006年04月02日 18:33

今日は、お花見に行きました。
と言っても、桜の下で宴会する訳じゃなく、散歩しながら
見るだけの予定で。しかし、生憎の雨模様(_ー_ー)_

車で桜並木の綺麗な公園まで行ったものの、
雨脚が激しく、車の中からの見物となりました。
それでも、咲き誇った桜は十分美しかったです。
ただ、窓ガラスを通して見るのは、TV画面を通して見るのと
然程変わりが無い。と、何故かそう思ってしまいます。

20060402182411

並木の写真を撮り忘れ、
帰り道途中の桜を撮影。
雨に濡れたガラス越しなので
あまり綺麗に撮れませんでした。

うちの周辺は、ほぼ満開だけどもうちょっとかな?
という咲き具合。ですが、今、春の嵐の如く風が
吹き荒れているので、もう散ってしまうかもしれません。

満開の桜の下で、白い花をじっと見て狂気を感じたかったです。
昔の人々が皆桜の美しさに恐怖の戦慄を感じていた訳では
ないでしょうけど、坂口安吾や梶井基次郎の心境を鑑みるには、
今の時代はごちゃごちゃと余計な物に溢れ過ぎている気がします。
建物等の景色もしかり、報道等の情報もしかり。
人間と、それに纏わる喧騒・雑音もしかり。


さくら さくら やよいの空は
見わたすかぎり
かすみか雲か 匂いぞ出ずる
いざや いざや
見にゆかん

music by Reinmusik

眠ったふり

2006年04月02日 02:01

3月31日から始まった、ハーボットのエイプリルフール(?)
イベントの様子です。

以下、画像をアップしてありますので、ネタばれを
見たくない方はご注意下さい。
また、画像が多めなので、少々重いかもしれません。

本日の出演は、当ブログのジャスミン君と、
私の別ブログに住む夢見くんで。
[ 続きを読む ]

チャングムの誓い 第22話「無念の死」の感想

2006年04月01日 23:51

宮廷女官 チャングムの誓い VOL.8宮廷女官 チャングムの誓い VOL.8
キム・ヨンヒョン イ・ヨンエ チ・ジニ

バップ 2005-08-24
売り上げランキング : 75994

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

以前、このドラマは「美味しんぼ」と「ガラスの仮面」を
足して2で割った感じと書きましたが、訂正します。
「美味しんぼ」と「白い巨塔」を足して2で割っちゃいましょう。
更に「アタックNO.1」あたりをミックスすると
良い感じかもしれません。

では感想をば
↓    ↓

チョン尚宮さま…

眠るようにお亡くなりになりました。
と言うより、眠ったままお亡くなりになりました、か。

この人、登場人物の中でも好きな人でした。
闊達で豪快、優しくて頼もしい。
ちょっと私の今は亡き祖母に似ているところがあり、
余計に感情移入してしまうのでした。

それにしても、女官たちの権力争いは凄まじいですね。
甘い言葉や時には脅しをかけて、徹底的にハン最高尚宮を
無視するように、と他の女官を纏め上げるチェ尚宮は、
凄まじいです。怖いです。
これは権力争いが絡んでいるとは言え、女のいじめって
こんな感じですよね。あー嫌だ嫌だ。
白い巨塔のほうが、まだ良いです…。
しかし、私はヨンノの意地悪な表情がちょっと好きです。
今時、あんないかにも小憎らしく、意地悪そうな表情をする
演技はなかなか観られないですよ。多分。

以下、ネタばれという程でもないのですが、これから先の
話の向かう方向に触れているので、ほんの少しでさえ以降の
展開はまだ知りたくない!という方は、ご覧にならないように
ご注意下さい。
[ 続きを読む ]


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。