--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッピーの様子

2007年04月30日 22:02

1匹のグッピーがちょっと元気がない、と以前記事に書きましたが、
ある日の夕方、水槽を覗くと――

流木に挟まってます
流木に突っ込んで斜めになってました。
ぎゃー、死んでる!?と思いましたが、
その後覗くと居なくなっていました。
生きてたか……(ホッ)
痛々しいです
そして、これは最近気が付いたのですが、
雄グッピーの尾びれがバサバサになっていました。
何だか具合も悪そうで、心配です。
尾腐れに効くと見て、塩を入れてみましたが……

と、ちょっと不安要素も出てきたグッピー達ですが、その他の子は
むっちりもっちり太って元気そうです。

子供たち
初代グッピーたちはちょっと心配ですが、
子供たちはもうこの位大きくなりました。
既に一番大きな雄は、雌を追いかけています。
スポンサーサイト

最近のコリ近影

2007年04月14日 19:51

最近のコリちゃん。
人が来るとビビビっと草陰に隠れるようになってしまったので、
なかなか観察できませんが、そーっと近寄って撮影しました。

こりこり
最初の頃に比べると大きくなったし、
ちょっと太ってきた気がします。
うちに来た当初は、きちんとご飯を
食べられているかどうか心配していたので
ふっくらしてきて嬉しいです。

もふもふ
コリ、流木の上で休むの図。 
しかし、写真に写すと、フラッシュの
せいなのか不気味に見える……。
かと言ってフラッシュをたかないと
ピンボケしてしまうし。
本当は、しぐさも、ぴんと張ったヒレも
立派なおヒゲも、かわいい魚なんです!!

お引越し

2007年04月01日 19:29

今日はエイプリルフール。
色々なサイトでエイプリルフールネタが披露されていますが、
私には気の利いた嘘記事など書けそうにないので普通に行きますよ。

熱帯魚のお話です。
30cm水槽に押し込まれた数10匹のグッピー稚魚が大きくなった時の
事を考えて、数週間前から60cm水槽への移行を準備していました。

先日、水草を買ってきてやっと準備完了。

新水槽
1st水槽のバックスクリーンが水色なので、
今度は黒にしてみました。
色だけで雰囲気が随分違います。

今日、先陣を切って20匹の稚魚を放り込みました。
早速、流木や底などをつんつんしてます。
本当は1週間くらい置いて水を作ったほうがいいんでしょうが、
グッピーは丈夫なので多分平気……だと思います。

ところで、稚魚たちの里親になってくれる人が1人見つかりました。
増えすぎて困っているので万々歳なのですが、いざお別れと思うと
ちょっと寂しくなってしまいました。

ぐったりぐっぴ

2007年03月28日 18:09

お魚たち、特に何事もなく過ごしています。
掃除の時、フィルターの中からグッピーの稚魚が出てきました。
他にも、メイン水槽の中で、隔離していなくても何匹かの稚魚が
たくましく生き延びています。

そんな嬉しい出来事もありますが、ちょっと心配事も。
数日前から1匹のグッピーがぐったりしている気がするのです。
グッピーは地面や水草の葉に身体を預けて沈んで眠るのですが、
その子は明るいうちから水草の陰や流木の隙間でじっとしています。

お休み中
こんな感じでじーっとしてます。
単にお昼寝か、具合が悪いのか……。
手前で目がカッと光ってるのは
グリーンネオンテトラさん。

餌の時間になると反応して水面に上がってくるし、大抵は普通に
泳ぎ回っているときもあるので、病気という感じでも無いのですが。

これは聞いた話ですが、この間掃除の時にプロホースを振っていたら
グッピーがクリーンヒットして水槽外に飛び出したそうです。
場外ホームラン。しかしその子は元気な模様。
このように、グッピーは多少の事では動じない強い魚です。
それだけに、ぐったりグッピーがどうなのか余計心配です。

増量中

2007年02月23日 21:00

先日、朝方に産卵BOXへ放り込んだグッピーが、大量に
子を産みました。
サブ水槽に全員移動しましたが、すごい過密状態です。

うじゃうじゃ
水面に映っている子もいますが、
水槽全体がこんな込み具合。
多分40匹くらいいます。
これからどうするのか……。

母グッピー達は、稚魚時代に知人宅から頂いてきたお魚なんですが、
多分血が濃いんでしょうか……奇形のグッピーが生まれていました。
2匹の稚魚が、お腹がくっついて1匹になっている状態の子が。
水槽に移した時点では生きていたんですが、現在行方不明です。

ところで、今回お休みの日に出産してくれたので、出産の様子を
いくらか目撃する事ができました。

稚魚のしっぽ分かり難い写真しか撮れませんでしたが、
お腹から稚魚の尻尾が出ているところです。
今まで目撃したパターンでは、稚魚はぷりっと勢いよく
産まれるのに、この時はしっぽ(しかも2本?)が
見えたまましばらく何も起こらず、
詰まってるのでは、と心配しました。

何度目か覗きにいくと、無事産まれたみたいでほっとしました。

親ぐぴは、人間が近づくと「餌くれ~」とばたばた騒ぎますが、
稚魚たちは近づくと「何なに?」という感じで、大きな目で
じーっと見つめてくるのが可愛いのです。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。